見出し画像

[2019.12]SEBASTIAN MACCHI × RISA NAKAGAWA

文●宇戸裕紀 text by Hironori Uto

 敬愛するカルロス・アギーレ、ゴンサロ・ディアスと待望の日本公演を終えたセバスティアン・マッキ。そしてセバスティアンが参加するルス・デ・アグアを聴いた時からセバスティアンが築く世界観に強く共鳴するザ・なつやすみバンドの中川理沙。2人に対談形式で、その音楽の源流や風景の捉え方について語りあってもらった。

中川理沙 大好きでずっときてほしいと思っていたので、やっと観られてよかったです。『Aguasílabas』は今年一番好きなアルバムで、自然の風景が浮かびます。私は家で聴くより外で音楽を聴くのが好きです。川沿いに住んでいることもあって、川沿いで聴くのが好きです。鳥の声とか風の音とか雨の音と一緒になって聴くと一層グッときます。たぶんアルゼンチンの景色の中で作ったと思うんですけど、日本の景色とも合う音楽です。

画像10

Sebastián Macchi Trío 『Aguasílabas』

セバスティアン・マッキ 数曲は10年前にリオに住んでいた頃に作曲したものですが、ほとんどはパラナで作曲しました。「Choro Río,río e coroh」や「El amanecer y el valle」はブラジル時代のものです。それ以外はパラナの緑あふれる空間で作曲しました。

この続きをみるには

この続き: 3,632文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)