見出し画像

[2017.08]連載 太平洋の向こう岸からの手紙 #3 『ラ・プラタ川のアコーディオン奏者の集い』

文●フアン・フェルミン・フェラリス

 ラテンアメリカで最初にアコーディオンを聴いた人々の歴史/物語、それは変わりゆくものです、最初に南米にたどり着いた場所を主張する人たちのように。歴史/物語というのは、とりわけ誰が話すかによります。私の場合、ふたつのことが重要だと思わされました。アコーディオンがたどり着いたこと、そしてそれ自身が運んできた歴史/物語。おそらく誰もが移民によって存在していて、それは何よりつながりによって気付かされます。それが歴史/物語それ自身をもたらすのです。イタリア人とドイツ人がどちらが最初にたどり着いたか論争するのを想像してください。どちらも最も大切なことを忘れています。歴史を共有するということを。この物語は、ラ・プラタルのアコーディオン奏者の最初の集いについて書いたもので、争いに生きた人々とは正反対のことです。
 50人以上のアコーディオン奏者がこの地方の駅で実現した集いに参加しました。ラプラタのメリディアーノV地区を象徴する場所、それは打ち棄てられた古い駅でしたが、その消滅の数年後、都市の重要な文化施設として補修され再利用されます。毎週末様々なお祭りが行われ、手作り品と食べ物のフェリア、ムルガやカンドン、音楽ライヴや演劇が催されています。その時は、アコーディオンに捧げられた演目でした。

この続きをみるには

この続き: 1,614文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。