見出し画像

[2018.06]風を奏でる音楽家のダイアリー #11 川のほとりのダイアリー(前編)

文 ● ジョアナ・ケイロス

 パラナーには悲しみのなか到着した。熱を出して、体調を崩していた。出発前に起きた個人的な出来事によって、心の不調が身体にも現れてしまった。クアルタベーの新作録音の準備、出発直前のライヴ、発熱したまま緊張続きの日々だった。時間通りに着いたけど、ブエノスアイレスからパラナー行きの最終のバスに間に合うかドキドキしながらの旅だった。パラナー川のほとりの町にはぐったり疲れて、悲しい気持ちをぬぐえないまま到着した。ルイス・バルビエロが朝バスターミナルに迎えに来てくれて、その後3週間過ごすことになったお家まで連れて行ってくれた。町の中心から離れた、バハダ・グランデのセバ(セバスティアン・マッキ)とネグロ(カルロス・アギーレ)のすぐ近くのお家。川の眺めがとても美しいところ。

この続きをみるには

この続き: 4,704文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)