見出し画像

ダンスの時代 ダンサー矢部 良(マイコーりょう) 〜日本に初めてカポエイラを紹介した ストリートダンサーのもうひとつの素顔〜

文●若杉 実 text by MINORU WAKASUGI

 マイケル・ジャクソンに夢中になったのが小学六年のとき。80年代に入りブレイクダンスに衝撃を受けると、昨日まではふつうに歩いていた路上が舞台になった。以降ストリートダンスの求道者は、やがてカポエイラの洗礼を受け単身ブラジルへと渡る。帰国後、日本初のカポエイラ団体を設立。いっぽうで、マイケル・ジャクソンのインパーソネーター〝マイコーりょう〟の仮面もかぶる。ふたつの人生を並走させてきた矢部良がここに、初めて半生を明かす。

── カポエイリスタ矢部良と、マイコーりょうは同一人物。自身が認め発表するのは今回が初めてとなる。

矢部 そうなります。マイコーりょうとして13年やってきた。ぼくのことをよく知っているなら同一人物であることはわかってるし、逆にそこに触れないでいてくれたひとたちが、いまや都市伝説のように語り継いでくれている。自然と受け入れてくれる状態になった。でも、13年前だとそうはいかない。〝おれ、明日からマイケルになる〟っていきなり言ったら、ふつうにみんな引くでしょ。カポエイリスタとしての立ち位置をこわさないためにも線引きだけはしておきたかった。

── やはりマイケルのダンスが原点だったのですか?

矢部 そう、それとブレイクダンス。小六のときスクーターのCMでマイケルが踊るのを観たのが最初。これまで知っていたダンスとはまったく違う。その後『フラッシュダンス』でストリートキッズが踊る場面に衝撃を受けた。千葉の田舎に住んでたけど、近所の駐車場で段ボールを敷き(背中で)回ってましたよ。

この続きをみるには

この続き: 2,766文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。