見出し画像

[2017.07]【連載 TÚ SOLO TÚ #207】80歳を超えたエディ・パルミエリ 最新アルバムを発表し、7月に来日公演決定!

文●岡本郁生

 エディ・パルミエリに初めて直接会ったのは、確か1992年のこと。彼自身、そのときが初来日だったはずで、昭和女子大学の人見記念講堂でのコンサートの熱気はいまでも思い出すことができる。ティンバレスはホセ・クラウセル、コンガはリッチー・フローレス、ベースはジョニー・トーレスだったか? 筆者が制作を担当していたFMの番組にゲスト出演していただき、一緒に写真も撮っていただいたのだが、それからもう25年も経ってしまったのか……。筆者もいまでは、当時の彼の年齢を超えてしまった。

画像1

 いやいや、そんなセンチメンタルな感情に浸っているヒマはない。昨年暮れ、12月15日に80歳を迎えたエディ・パルミエリ…… 思わず“師匠”とか“先生”とか呼びたくなってしまうが…… なのだが、彼は休むということをまったく知らないようである。実は、ラテンの世界ではなぜか、77歳ぐらいで亡くなってしまう方がとても多い。ティト・プエンテも、セリア・クルスも、ジョー・クーバもそう。ジミー・サバテールは76歳、チェオ・フェリシアーノは78歳だった。そんなわけで、密かに心配していたのだが、彼は見事に80歳の壁を越えた! そして、この4月には、最新アルバム『ウィズダム/サビドゥリア』を発表。さらに、7月にはブルーノート東京での来日公演(7月10〜13日)が予定されているのだ。いうまでもないが、この最新アルバムには、80歳だからといって“枯れた”ような部分はまったくない。こういう紋切り型の表現もどうかとは思うが、ひとことでいうなら、“凄まじい”内容のアルバムである、と思う。

 さて、筆者が彼に初めて会った1992年ごろといえば、エディ・パルミエリにとっては、それほど恵まれた時期ではなかった。

 1962年、ラ・ペルフェクタを率いてデビューして以来、ラテン界をつねに牽引してきたパルミエリ……。キューバ革命のあおりを受けて試行錯誤を繰り返していた60年代のニューヨークで確実に自分の音楽を作り上げていった彼は、70年ごろからは、『バモノス・パル・モンテ』など、社会問題に目を向けた問題作を次々に発表。一方で『ハーレム・リヴァー・ドライヴ』など、ジャズやR&Bとラテン音楽のジャンルを積極的に越えようとするさまざまな音楽的試みを継続しながら傑作アルバムを立て続けにリリースし、『ザ・サン・オヴ・ラテン・ミュージック』(74年)では、創設されたばかりのグラミー賞ラテン部門を受賞している。その後、異色作『ルクミ、マクンバ、ヴードゥー』(78年)を経て80年代に突入するわけだが、ヒップヒップやクラブ・ミュージックの隆盛によってニューヨーク・ラテン界が迷走するようになっていったこの時期は、エディ・パルミエリにとってもある意味で試練のときだったといえるだろう。

画像2

この続きをみるには

この続き: 2,021文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年7月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年7月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。