見出し画像

[2017.05]ティグラン・ハマシアン 来日ソロツアーを行う「太古の観察者」の視線

文●サラーム海上

 2013年の出世作『シャドー・シアター』以降、まるで生き急いでいるかのように次々と作品を発表し、精力的に活動を行ってきたアルメニアの天才ピアニスト、ティグラン・ハマシアン。

 2014年、彼は10年暮らしたアメリカを後にし、故郷アルメニアに戻った。首都エレバンの大学院で伝統音楽を研究しながら、国内を旅して周り、伝統音楽家や詩人たちと出会い、新たな曲を書き始めた。米国ノンサッチ・レコードからの2015年のアルバム『モックルート』はそうしたリサーチを元に、自身のトリオ編成にゲストを加える形で制作された。

 アルメニアでの研究と体験は更にドイツのECMレコードから同年にリリースされた『Luys i Luso』へと発展した。この作品は20世紀初頭に活躍した同国の作曲家コミタスの曲を含む、西暦5世紀から20世紀までのアルメニア正教聖歌をティグランが新たにピアノと合唱隊向けにアレンジし、エレバン国立合唱団とともに録音制作したものだ。『Luys i Luso』はライヴのプロジェクトに発展し、アルメニアの教会を出発点に、これまでにジョージア、トルコ、フランス、イギリス、アメリカなどで開催されている。最終的には世界中の百箇所の教会での開催を目指し、彼のライフワークの一つとなった。

この続きをみるには

この続き: 2,488文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。