見出し画像

世界にはばたけ沖縄の三板〜三板(さんば)の日 レポート

文と写真●岡部徳枝

画像1

 沖縄に、「三板(さんば)」というカスタネットに似た打楽器がある。ポケットに収まるほどの小さな板を三枚、ヒモで結んだだけのシンプルな楽器。板と板の間に左手の指を入れて打ち、さらに右手の指で板を弾き、リズムを刻む。透き通るような美しい音色と軽快なリズムは、唄三線に華を添え、現在では沖縄民謡に欠かせない楽器として知られている。三板は沖縄のみならず、世界のどんな音楽でも伴奏できる楽器として、2001年「世界にはばたけ沖縄の三板」を合言葉に、沖縄三板協会(旧日本三板協会)が発足。3月8日を「三板の日」として、年に一度イベントを開催してきた。「三板の日」は、2010年日本記念日協会にも正式登録されている。

この続きをみるには

この続き: 1,703文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。