見出し画像

ブラジルフィールドワーク #15 ブラジルに名前を与えた木 リオデジャネイロ植物園

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO

 リオデジャネイロで好きな場所のひとつが植物園だ。コルコバードの丘の上の展望台から見下ろすと、キリスト像の広げた右手の斜め後ろ方向に植物園の濃い緑が広がるのが見える。広大な敷地は面積140ヘクタールにもおよび、そのうち3分の2が森林保護区、残り54ヘクタールで世界の6500種の植物が植栽・展示されている。ブラジルの独立以前の1808年にポルトガル王室によって開設された。

 展示エリアはゾーニングされていて、たとえば「アマゾン」では珍しい種類の木が何種もそびえ立っている。私は毎年、アマゾン南部の先住民族保護区を訪問してジャングルの中を歩いたりもしているけれど、こうしてまとまった形でいろいろな珍しい木を見られる機会というのは、なかなかない。

 そしてもうひとつ、見逃せないお勧めのゾーンが「マタ・アトランチカの小径」。そこに、ブラジルの歴史を語る1本の木が立っている。


マタ・アトランチカの森

 マタ・アトランチカ(大西洋岸森林)は、北はブラジルの地図の肩が出っ張ったあたり、リオグランデドノルテ州から南は国の最南端まで、大西洋沿岸部を17の州を縦断しながら南北に走る長大な森林帯だ。アマゾン熱帯林やセラード(熱帯草原/サバンナ)などと並んでブラジルの主要なバイオーム(生物群系)を構成している。アマゾンに匹敵する生物遺伝子の宝庫であり固有種も多い。たとえば、マタ・アトランチカで見られる植物種の55%にあたる8000種が、また哺乳類261種のうち39%が、ここにしかない固有種である。

この続きをみるには

この続き: 2,115文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。