見出し画像

[2020.10]Yae|On The Border〜境界線の上で〜【特集 都市物語】

Yae●プロフィール
東京生まれ。故藤本敏夫・歌手加藤登紀子の次女。
2001年ポニーキャニオンからアルバムCD『new Aeon』でデビュー。
存在感あふれる「声」で各地にファンの和を広げ、NHKみんなのうたや人気ゲームソフト、ウォルトディズニー生誕110周年記念作品ディズニー映画「くまのプーさん」の主題歌を歌唱。
2020年10月7日に20周年記念アルバム「On The Border」をソニー・ミュージックダイレクトよりリリース 。同年11月10日には、東京渋谷伝承ホールにて、20周年記念コンサートを開催し全国ツアーも予定している。
現在は、三児の母となり、家族とともに自然豊かな里山「鴨川自然王国」で、農を取り入れたスローライフを送り、ラジオのパーソナリティも務めながら全国でライブ活動を行っている。
http://yaenet.com/index.html

yae2020-21_ap_smのコピー


 2001年、初めてのアルバムをリリース。そして歌手デビュー。25歳だった。

 右も左も分からない私は「あなたはシンガーソングライターよ! だから曲を作りなさい」とディレクターに言われ、どうすればいいのかわからずに思いつくままにメロディーを作り、ポータブルのMDで録音し始めた。

 なぜだかわからないけれど、出てくる旋律は北欧や東欧、アラブやイスラエルの音楽。行ったこともないのに。

 そういえば、私がまだ小さかった頃に、母がアナログのレコードを毎朝かけていた。半分はビートルズ、でも半分は世界中の民族音楽だった。インドやブラジル、南米の音楽たち。ユダヤ音楽もあった。

 どことなく寂しげなでも力強い旋律。

 そんなメロディーが学校へ行っても授業中に頭の中をぐるぐるしていた。

 大人になって、ワールドミュージックに触れ、やっぱりその旋律を耳にした時、懐かしく切ない気持ちが心に溢れるようで。いつの間にか意味はわからないけれど、耳でコピーして歌ってみたりした。ドレミの音階では表現できない、微妙な音階や変拍子の曲に心が惹かれていった。

 2002年、父が他界して間もなくの頃だった。はじめてヨーロッパの一人旅をすることになった。アリタリア航空で格安の航空券をインターネットで見つけたのがきっかけだった。

この続きをみるには

この続き: 2,706文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年10月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。