見出し画像

[2017.02]川上ミネ Nostalghia〜Kiyomizu〜

清水寺のサウンドスケープとスタジオレコーディングの融合が現実を超えたアルバムを生み出した

文●オラシオ
texto por HORACIO

 NHKの紀行番組『猫のしっぽ カエルの手』の音楽などでおなじみの川上ミネが、清水寺の舞台での録音を含むソロ・ピアノ作品『Nostalghia~Kiyomizu~』を発表する。ドイツやスペイン、キューバや南米各国を渡り歩き、現在マドリッドと京都を拠点にする彼女は、海外で公的な文化事業に関わる日本人ミュージシャンとして先駆者のひとりでもある。

画像1

川上ミネ
『Nostalghia~Kiyomizu~』(2017年)

この続きをみるには

この続き: 2,262文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)