[2021.08]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑬】 ソロモン諸島のパンパイプ・アウ ’au の現代的合奏 ―「呪術性」の継承―
見出し画像

[2021.08]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑬】 ソロモン諸島のパンパイプ・アウ ’au の現代的合奏 ―「呪術性」の継承―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 「あのパンパイプ合奏をもう一度聴きたい」― 期待を胸に、私は2012年ソロモン諸島国ホニアラ空港に降り立ちました。目的は、オリンピックと同年に太平洋諸島各地持ち回りで開催される、第11回太平洋芸術祭 The Festival of Pacific Artsに参加するため。事の発端は、さらにその4年前。第10回太平洋芸術祭主催国のアメリカ領サモアには、次期開催をアピールするためにソロモン諸島国代表団111人が参加し、若い男性グループが現代的なパンパイプ合奏の舞台公演を行いました。私は、瞬く間にその虜になったのです。

 リーダーのパンパイプ奏者が、曲の試し吹き(ハコ・アウ hako ’au)をすると、スタンピング・チューブの奏者がビーチサンダル状の桴で、ドラムとベースのパートを兼ねたリズム打ちを始めます。もともと、ビーチサンダルを使っていたのがわかります(笑)。小ぶりなパンパイプは、メロディのような高音部、太くて長いパンパイプは、ベースのパート。現代的な合奏用のパンパイプは、西洋風にド、レ、ミ、ファ…の7音が出るようチューニングされているので、現地の音楽に馴染みがなくても抵抗なく耳に入ってきます。ノリの良いリズムに合わせて踊りながら演奏するので、奏者のスキップやステップに伴って、足首に巻いたラトル(木の実で作ったガラガラ)が軽快にリズムを刻みます。その技量の高いこと!在来の要素を程よく取り入れながらも、グローバルな観客を意識した「外向き」の演奏に、ただただ、圧倒されたのでした。

 アメリカ領サモアのメディアが、開会式での彼らのパフォーマンスを撮影した映像が見つかりました!サモア語での解説ですが、しきりとソロモン諸島の奏者を讃えているのは、わかりますよね。

ソロモン諸島国の現代的なパンパイプ合奏 
於:パゴパゴ、アメリカン・サモア 
撮影: Tuiātaga Fa’afili A.L Fa’afili t/a VIDEO AAU

 元来、村では祖先崇拝に関わる儀礼や祭礼で、パンパイプ合奏が行われてきました。その特徴は、膝を曲げて腰を落とした奏者が、円を作って中心を向いたり2列で向かい合ったりして互いを視野の中に入れつつ、「内向き」に演奏すること。今日では、観光客向けの公演でも、在来の様式を組み込んだ合奏が行われます(写真1)。

この続きをみるには

この続き: 2,458文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年8月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)