見出し画像

AFRO BAHIA 2018 打楽器から紐解く バイーアのリズム

文●鈴木直哉 texto por NAOYA SUZUKI

 昨今のブラジル音楽界ではサンパウロのMPBやジャズ界隈を中心にバイーアのアフロ系のリズムが注目を集めている。本稿ではバイーアのリズムについて、特に打楽器演奏に注目してその特徴や魅力を解説していきたい。

カンドンブレ cancomblé

 アフリカ由来の宗教カンドンブレの儀式では歌と踊りと太鼓で神々(オリシャ)への祈りを捧げる。アゴゴと3種のアタバキ(コンガのような太鼓)が用いられ様々なリズムが演奏され、アフリカ由来らしく6/8拍子が多いのも特徴だ。

 アタバキには大中小3種類あり、音が低く大きい方から順にフン、ピ、レと呼ぶ。素手でもバチでも叩き、一般に皮は緩めに張るため「ボスッ」「ベチッ」というような独特の響きがある。ピ、レとアゴゴは短いフレーズを繰り返し、低音のフンが踊りや歌に呼応してバチと素手を駆使して複雑なオカズを入れるため、高・中音域がループする中で低音域だけが動くという特徴がある。

画像1

アタバキ

この続きをみるには

この続き: 2,971文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。