見出し画像

[2018.02]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #7 アリューン・ウェイド & ルイ・アドリアン・ロペス・ヌッサ

文●山本幸洋

キューバン・ジャズの若き旗手ハロル・ロペス・ヌッサは、ダンサブルなキューバン・ビートと、親しみやすいメロディと明晰なアドリブ展開で国内外にファンが多い。ここ3年はキューバン・ジャズを基調としつつセネガルのメロディと言葉を交えたピアノ・トリオ+ヴォーカル(本誌14年9月号も参照)でコットンクラブに出演しており、今回は趣向を変えてハロル本人への取材ではなく、実弟でドラマーのルイ・アドリアン・ロペス・ヌッサ、ベース&ヴォーカルのアリューン・ワドゥにそれぞれ話を聞いた。(17年9月13日、都内にて。協力:コットンクラブ、通訳:坂本悠)

画像1

画像2

写真提供/COTTON CLUB  撮影/ 山路 ゆか

ライヴ〜イントロ

 仙台のMiyagi Autumn Jazz Live 2017(9月9日)と定禅寺ストリートジャズフェスティバル(9月10日)の後、コットンクラブ(9月12〜14日)に出演した。まずまずハードワークと言えそうだが、一行の移動は東北新幹線を利用し、快適に過ごせたそうだ。

 私はコットンクラブ2日目のファースト&セカンド両ステージを観た。近作①を中心に、ファーストがFeria、Me Voy Pá Cuba、Mozambique en Mi B、Mama、Los Muñecos、New Day〜El Manisero、Bacalao Con Pan、Lobo's Cha、セカンドがFeria、Me Voy Pá Cuba、La Jungla、Mama、Los Muñecos、New Day〜El Manisero、Lobo's Cha、Bacalao Con Panでそれぞれ1時間強、スタジオ録音に比べて即興要素が多く、しかもエネルギッシュ。やはりライヴは格別だと思った。惜しむらくは2ステージでほぼ同じレパートリーだったことで、このトリオの2年前の主要レパートリーだった⑤収録曲や代表曲「Bailando Suiza」を組み合わせればさらに良かった。

ルイ・アドリアーンに聞く

画像3

ルイ 86年ハバナ生まれ。8歳でピアノを始めて、10歳からドラムも始めた。ピアノは音楽学校の必須科目、ドラムはパパ(同名でルイ)から教わって、朝から晩まで練習して楽器の脇で眠ってた。

—— 学校ではクラシカルだけですね。

ルイ 基本的にクラシカル。中学のときの選択科目で2年間だけパーカッション全般を習うことができたよ。ボクのパパはその教師でもあったんだけど、ポピュラー音楽での演奏を教わるのは放課後だったね。

—— お父さんのメイン楽器は?

ルイ ドラム。いま60歳になったところ。

—— ティピカルなソンはパーカッション・アンサンブルですが、それを一人のドラマーで担うとドラマーの個性がけっこうでると思うんです。ルイさんの特徴は?

ルイ 自分のことはよく解らないから、演奏するときに重要視していることを話すね。まず、リズムよりメロディやハーモニーを重視しているよ。打楽器というよりピアノを演奏するイメージでね。クラーベとかアンサンブルの仕組みは理解した上で、一般的な楽器の使い方だけにとらわれないで自由な演奏をするように心がけてる。キューバのパーカッションはもちろん、フラメンコ用のカホンを使うのが大好き。

—— ステージで使ってますよね?

ルイ うん、ルンバで使うものよりフラメンコ用の方が音の拡がりが良いんだ。

この続きをみるには

この続き: 3,370文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。