見出し画像

[2017.07]連載 太平洋の向こう岸からの手紙 #2 『ドン・ゴショ』

文●フアン・フェルミン・フェラリス

 ドン・ゴショ、私の祖父であり、最初に書いた一編の歌のタイトルでもあります。それは彼の歴史を想いながら作曲したものでした。最初のヴァースはこのようなものです「ゴショは譜面台と一緒にいる/そしてラジオが振動する/アスールで(*1)」

 これを書いた当時、私はとても若かったし、シンガーソングライターになりたいと思い始めたばかりでした。祖父は、アスールという小さな町に住んでいて、音楽をよく知っていました。それで私が最初に音楽に触れている間一緒にいてくれました。毎日彼と注意深く聴いていたことを今も覚えています。

 ゴショは、慎み深さと素朴さを持った男でした。それは彼の町ではとても重要なことだったのです。またブエノスアイレスのフォルクローレの習慣に精通する人でもありました。私の家族が彼になぜその町にいてこんなにも詳しいのかと尋ねたとき、彼の答えはとてもシンプルなものでした。歌詞で語ったように、祖父はラジオで働いていて、60年間人々と話し続けたからです。

 彼が語り部への道はラジオ劇場(*2)の責任者から始まっています。とはいえ彼自身のラジオ番組『ドン・ゴショの焚き火』を開始するにはその後数年かかったのですが。焚き火は朝に放送されたプログラムで、目覚めていたほとんど全ての町人に聴かれていました。

 他のアナウンサーがなぜそんなに聴衆を獲得できるのかと祖父の秘密を尋ねたとき、彼はこう答えました。「私は人々に、彼らに起こったことを話すのです」。それが祖父の真実でした。祖父はその町に住む人々に興味を持ち、彼らの習慣、苦悩、喜びを知る男だったのです。

 伝達者としての成功は、コスキン・フェスティバルのオープニングに出席するだけにとどまらず、手作り品のフェリア(*3)のコーディネーターとして何年もの間仕事をするに至りました。

この続きをみるには

この続き: 1,400文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年7月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年7月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。