見出し画像

[2019.08]映画『存在のない子供たち』

文●圷 滋夫 Shigeo Akutsu

 昨年のカンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。冒頭から言葉の鋭さが 胸をザワつかせる。まだ12歳の主人公ゼインは「クソ野郎を刺した」罪で収監中だが、「僕を産んだ罪で両親を訴える」という衝撃的な理由で今、法廷に立っている。

存在のない子供たち_サブ1

  映画はまず手錠をかけられたゼインとエチオピア移民の黒人女性ラヒルを映し出すが、二人が出会うのは物語の中盤だ。そして裁判の進行を少しずつ点描するのと並行して、ゼインがなぜ両親を憎むようになり、ラヒルとどんな関係を築いたかを、物語の起点に遡って描き出す見事な構成だ。

 レバノンのスラム街のボロアパートに住むゼインの両親には、何人もの子供がいる。しかしいずれも出生届を出さず学校にも行かせず、単なる労働力としか考えて いない。そしてゼインが大好きな11歳の妹サハルを、大家から色々と便宜を図って貰うために、大家のバカ息子の嫁にしてしまう。

 怒りと悲しみに打ちひしがれた ゼインは、家を飛び出し当てもなく彷徨い、仕事にありつけないでいる時にラヒルと出会う。ラヒルは不法滞在者でまだ小さなヨナスを一人で育てていて、その子守役としてゼインと一緒に疑似家族のように暮らし始めるのだが…。

この続きをみるには

この続き: 1,218文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。