見出し画像

誰にも見つけられなかった ミュージシャンたち 〜「Rio de Música」プロジェクトは、 暴力によって荒れ果てたジャカレジーニョに住む子ども、若者、大人たちの 人生のトーンを変えるための道具を、音楽の中に探している〜

文●名倉亜希子 text by AKIKO NAGURA

 東京、大阪、熊本のエルメート・パスコアル公演を終え、そのバンドメンバーであるイチベレ・ズワルギとその息子、アジュリナン・ズワルギは、昨年に引き続き自身の「Música Universal(全員、万人の音楽)」と題される音楽ワークショップを東京で開催した。

 昨年参加したギタリストの助川太郎氏は、「ひたすらその場に対応して音楽の一部になる快感。その直後から僕は10年間していなかった作曲を再開し、そのまま自分のグループを結成、CDを制作するところまで刺激をいただきました」と後述し、ワークショップは参加者の人生を大きく動かしたようだ。

 アジュリナンのワークショップでは、偉大な父親の側で子どもの頃から体内に蓄積されたブラジル音楽の多様なリズムの数々が、パワフルに伝授され、参加者は「彼の優しさと自由さと音楽への愛情を教わった。技術よりも大切なことを教えてもらえた気がします」と感想を語った。

この続きをみるには

この続き: 2,092文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年7月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年7月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。