見出し画像

[2020.08]【「ラ米乱反射」電子版 第1回】ボルトンが暴露したベネズエラ工作 ─トランプはグアイドーを軽視

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)

 ドナルド・トランプ米大統領の安全保障担当補佐官(2018年4月〜19年9月)だったジョン・ボルトン氏がさる6月に刊行した『それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録』には、「自由ベネズエラ」という一章がある。同章は逸早くスペイン語に翻訳され、ベネズエラをはじめラ米(ラテンアメリカ)諸国で報じられた。私(伊高)はこれを7月初めに読んだ。


61RZ7MAyX9Lのコピー

 中心的内容は、ベネズエラ国会のフアン・グアイドー議長が2019年1月、首都カラカスの街頭で「大統領代行」就任を一方的に宣言、これをトランプ政権が「暫定大統領」として承認したこと、および、その前後に起きたさまざまなエピソードである。そんな内容の主な部分を、記述を時系列的に整理して紹介したい。

▼ドローン爆弾事件

 トランプは就任した2017年の8月、「ベネズエラ問題解決への軍事的選択肢」を口にした。1年後の2018年8月、ベネズエラ国軍(FANB)の一翼を担う国家警備隊(GN)の記念式典に出席していたニコラース・マドゥーロ大統領の上空でドローン爆弾が爆発。大統領ら要人らは無事だったが、兵士ら数人が軽傷を負った。事件は軍部内に反対派が多いことを窺わせた。兵士らは驚いて逃げ去った。

この続きをみるには

この続き: 8,194文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年8月にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

2020年8月にアップした記事のマガジンです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
6
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

web版創刊! 2020年8月
web版創刊! 2020年8月
  • 38本
  • ¥950

2020年8月にアップした記事のマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。