見出し画像

[2019.01]ブラジルフィールドワーク #08 ファヴェーラ・シャクリーニャ リオデジャネイロ バドミントンで未来を拓く

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO

 リオデジャネイロ市の中心部から西へ車で1時間。タンキ地区の小高い丘にあるファヴェーラ・シャクリーニャ。ここではバドミントンという、ブラジルではほとんど知られていないスポーツを「武器」に子どもたちの未来を切り開く活動が行われている。

 8月にブラジルへ渡航する直前に、たまたま点けたテレビのニュース番組で、活動を紹介する10分ほどのルポを見た。ファヴェーラの子どもたちを対象にしたバドミントン教室であること。ここから2016年のリオデジャネイロオリンピックに選手を輩出したこと。そしてその後のことが語られていた。

 番組を見ながら「アスリートの養成が活動の第一の目的ではきっとないはず」と思った。それを確かめたくて、帰国直前の10月に訪ねてみた。やはり直感の通りだった。


「バドミントンって面白い」

 シャクリーニャは住民数およそ5000人。市のはずれのこの小さなファヴェーラに1998年に設立された団体「MIRATUS(ミラトゥス)」が活動を展開している。現在、5歳から20歳前後のおよそ150人が、学校が終わった後の時間にここに通っている。MIRATUSの活動には大きく2つの柱がある。ひとつが教育活動。もうひとつがバドミントンだ。

この続きをみるには

この続き: 2,267文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。