見出し画像

[2019.09]わたしが影響を受けたフォルクローレの名盤 Santiago Arias

サンティアゴ・アリアス ● 1988 年生まれフフイ州ティルカラに育つ。フォルクローレに欠かせない太鼓ボンボ・レグエロで音楽を始め両親からギターを学び、幼少期にはピアノとベース、後にサルタでバンドネオンを始める。"La Cangola Trunca" ではベース、サックス、バンドネオン、ボーカルを務め2014 年に初のソロアルバム『Fuellisto』、翌2015 年にはDúo Arias Castro で『Criollo』を発表。本年ギタリストDominic Millerのバンドメンバーとして来日した。

画像2

EDUARDO FALÚ『VOLUMEN 1』1955 年

この続きをみるには

この続き: 733文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)