見出し画像

[2018.10]日本人はなぜタンゴを愛したのか。新書「タンゴと日本人」が明らかにしたその真実 ~著者・生明俊雄氏に聞く

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

 集英社から新書で「タンゴと日本人」という本が出た。著者の生明俊雄(アザミトシオ)さんは、ビクターの洋楽部長・映像制作部長を歴任された後、大学で教鞭をとられてきた人物。私は20年ほど前に日本ポピュラー音楽学会の大会で知り合い、その縁で「タンゴ・エン・ハポン~日本のタンゴ先駆者たち」「日本ラテン音楽の軌跡」という貴重な音源の復刻シリーズを1999年にビクター・エンタテインメントで企画・監修するきっかけを作っていただいた。その後「ポピュラー音楽は誰が作るのか 音楽産業の政治学」(2004年)、「二〇世紀日本レコード産業史: グローバル企業の進攻と市場の発展」(2016年)というレコード産業の第一線におられた人物ならではの知見を生かした2冊を上梓されていた。今回はこれまでの2冊とは異なり、長年愛好してきたタンゴに関する書籍である。

── タンゴに出会ったのは学生時代ですか?

生明俊雄 そうですね。子供の頃から両親の勧めでピアノをやっていましたが、タンゴは全くでした。大学に入って、ピアノを使った音楽をやりたいなと思っていたら、「初心者歓迎」とあったのでタンゴ・ワセダを選びました。

この続きをみるには

この続き: 1,674文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)