見出し画像

[2018.12]ビアンカ・ジスモンチ 自然体な制作活動

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO

 今年6月に、自身のトリオで3度目となる来日ツアーを行なったビアンカ・ジスモンチ。父、エグベルト・ジスモンチの生誕70年を祝した特別なレパートリーを携えての来日となった。来日ツアー直後に、2016年より制作していたという最新作『Desvelando Mares』をハンガリーのレーベルよりリリース。ブラジルの枠を超えた世界の音楽家たちにインスピレーションを受けてつくられた楽曲からなり、ビアンカのあらたなステップを感じ取れる内容だ。ジャケットには、ビアンカの精神性が語られている。「両親はともにミックスルーツな家系に生まれ、混ざり合いから生まれる豊かさの尊さを感じてきました。ブラジルの土壌に根ざした多様性のなかで、結びつきを追求してきた」と。6月の来日時に、最新のプロジェクトや、父エグベルトへの思いなどを語ってくれた。

この続きをみるには

この続き: 2,689文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)