[2018.07]世界のヒップホップ CRIOLO インタビュー
見出し画像

[2018.07]世界のヒップホップ CRIOLO インタビュー

インタビュー●ヂエゴ・ムニス by DIEGO MUNIZ

 2011年、ブラジルはクレベル・カヴァルカンチ・ゴメスを知ることになった。そのまたの名は、クリオーロ。すでに20年ライムの世界に存在していたサンパウロ出身のラッパーは、ラップのエッセンスを失わずにラップというジャンルを越え、社会現象と化した。『Nó na Orelha』はサンバ、ファンク、アフロフビートなどのリズムをビートやサンプルに調合し、人々の心を動かした。

「クリオーロは冒険的に他の音楽スタイルに浸り、彼特有のスタイルを確立した、ブラジルのラップ界の代表的なアーティストだ。どのようなスタイルの音楽を歌っていようと、MCとしての存在感をもっている」とプロデューサーのダニエル・ガンジャマンは評価する。

 全般にわたりサンバを取り入れた作品『Espiral de Ilusões』(2017)においても、郊外の貧困地区のクロニクルや社会的なテーマがリリックに表現されていた。それは、クリオーロ現象の唯一の特徴ではない。ヒップホップファンを他の音楽ジャンルに導き、またラップをブラジル全土の大衆に聴かせた。ラップとポピュラー音楽との架け橋をつくった人物でもある。彼のヴァース(節)はシコ・ブアルキのライヴで歌われ、ミルトン・ナシメントや、彼自身カエターノ・ヴェローゾなどと共演したこともあるし、彼の曲はガル・コスタやネイ・マットグロッソなどが録音している。

 ブラジルのヒップホップを語るうえで欠かせないクリオーロに対する理解を深めるために、ラティーナは直接インタビューをすることができた。

画像1


この続きをみるには

この続き: 2,604文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)