見出し画像

[2019.10]フォルクローレ、フラメンコ、クラシック… 多様なバックボーンを持つ もっとも期待される若手ギタリスト 菅沼聖隆

文●徳永伸一郎 text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA

 2012年、ギタリスト智詠氏とのデュオ「Masa & Chiei」として16歳で衝撃的なCDデビューを果たした若きギタリスト、菅沼聖隆(すがぬま・まさたか)のその後を御存知だろうか。高校卒業後は、フォルクローレ、フラメンコと共に取り組んできたクラシックギターの修行の為、セビーリャ高等音楽院に留学。すでに数々のコンクールで優秀な成績を収めており、将来がもっとも期待される若手ギタリストの筆頭だ。このほど、ボリビア人チャランゴ奏者Willy Riosとのデュオユニット「MASAWI」のCDが完成し、日本ツアーを敢行中の菅沼氏に、緊急インタビューを行った。

この続きをみるには

この続き: 1,886文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)