[2017.02]北中南米ツアーを成功させた国境なき音楽集団 クアトロ・ミニマル
見出し画像

[2017.02]北中南米ツアーを成功させた国境なき音楽集団 クアトロ・ミニマル

文●長屋美保
text by MIHO NAGAYA

 異なった文化と複数のルーツを呑み込んで、進化する音楽グループ、クアトロ・ミニマル(以下CM)。親指ピアノ奏者で鹿児島出身のサカキマンゴー、韓国伝統打楽器奏者であるソウル出身のチャン・ジェヒョ、メキシコシティ出身の前衛ボイス・パフォーマーのフアン・パブロ・ビジャ(以下フアンP)と、ギタリストのフェルナンド・ビゲラス(以下フェル)の計4人で編成される。

 富山県南砺市で26年続くワールドミュージック・フェスティバル、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドが行う、レジデンス・プロジェクトにより、2011年に誕生したグループであり、すでに5年以上の活動を続けている。日本と韓国で2回のツアーを果たし、2014年には初のメキシコ・ツアーを成功させ、2015年には、デビュー・アルバム『ラ・コラ・デル・ドラゴン』を発表した。そんなCMが、2016年10月末より約1ヶ月間、初の北中南米ツアーを敢行したので、インタビューした。メキシコ在住の筆者は、フアンPとフェルには対面取材をし、マンゴー氏、チャン氏、そして、グループをプロデュースし、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドのプロデューサーでもあるニコラ・リバレ氏には、メールで取材した。

画像1

この続きをみるには

この続き: 2,814文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)