[2018.10]特集:音楽とラジオとエッセイと 〜ラジオの大国にて

[2018.10]特集:音楽とラジオとエッセイと 〜ラジオの大国にて

文●旦 敬介

 僕がブラジルに一番長く住んでいた1990年代前半は今から考えると、音楽のメディアの大転換の真っ最中にあった。販売されている音楽のメディアの中心はブラジルでは当時はまだLPレコードで、多くが同時にカセットでも販売されていた。LPレコードのカバーの裏の隅のほうには、"Disco é cultura"(レコードは文化)という決まり文句(著作権侵害への戒めだったのか)とともに、「カセットでも販売中」とも印刷されていて、カセットのことがしばしば「K7」(カセッチ)と省略されているのが洒落ていた。これが90年代の半ばになって、だいぶCDが普及してくると、LP、CD、K7と表記されるようになっていくのである。でも僕が住んでいたのは貧しい人の多いバイーア州サルヴァドールの中でも、まだゲットーだったペロリーニョの一角だから、CDが身近なものになるのはだいぶ遅かったように思う。

この続きをみるには

この続き: 1,791文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)