見出し画像

[2020.03]【連載 TÚ SOLO TÚ #238】 ベーシスト ジーン・ペレス 〜ウィリー・コロンのNYにおける必要性を感じた夜〜

文●岡本郁生

 17年ぶりのエレメンツ・オヴ・ライフはやはり素晴らしかった。

 マスターズ・アット・ワークでも活躍するDJのルイ・ベガが率いるバンド・プロジェクト、エレメンツ・オヴ・ライフが前回ブルーノート東京で公演を行ったのは2003年。まだ新人だったラウル・ミドンが大きくフィーチャーされた、めくるめくダンサブルなステージの様子はいまでもハッキリと蘇ってくる。去る2月4日(火)と5日(水)に再びブルーノート東京に登場した彼らは、3人の女性歌手に加え、パーカッションにルイシート・キンテーロとロベルト・キンテーロという名手ふたり、ヴォーカルとキーボードにブレイズのジョシュ・ミラン、さらにキーボードにアクセル・トスカという、いまのニューヨークの音楽界の最先端が集結したようなメンバーで、前回とはまたちょっとテイストの違う、だが、グルーヴィでディープな世界を聞かせてくれた。両公演ともに、ベースはジーン・ペレス。どっしりとボトムを支えつつ、ゴキゲンなフレーズを随所に織り交ぜながら会場を燃え立たせるベースのサウンドは絶品だ。彼と初めて会ったのはもう33年前になる。

 1987年12月のウィリー・コロン日本公演のことはいまでもよく覚えている。76年にファニア・オール・スターズが奇跡の来日を果たして以来、11年ぶりの本格的サルサ楽団の来日であり、筆者自身、縁があって何度も公演を見たという事情もある。中でも特に印象深いのは、いまは亡きイラストレーターの河村要助さんに誘っていただいて、これもいまはなき新宿コマ劇場の地下にあったシアターアプルに、リハーサルをのぞきに行ったことだ。

この続きをみるには

この続き: 2,492文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)