見出し画像

[2019.10]三枝伸太郎 オルケスタ・デ・ラ・エスペランサ『FLOWERS』

文●徳永伸一郎

text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA

 2015年の1stアルバム発売から4年、作曲家/ピアニスト三枝伸太郎率いるユニークな弦楽アンサンブル、オルケスタ・デ・ラ・エスペランサの2ndアルバム『Flowers』が遂にリリースされた。その間、喜多直毅クアルテットのピアニストとして定期的にライヴに参加する他、1stアルバムに参加していた小田朋美とは、現代詩に曲をつけて歌うというコンセプトによるデュオでも活動を開始し、CD『わたしが一番きれいだったとき』を昨年リリース。この8~9月には、渡辺えり作演出、のん(能年玲奈)出演で注目された舞台「私の恋人」の音楽を三枝が担当、ほぼ全曲を書き下ろし、本人もステージ上でピアノを弾き生伴奏するという活躍ぶりだ。JZ BratでのCD発売記念ライヴ(7月30日)を終えたばかりの三枝に、新譜について語ってもらった。

この続きをみるには

この続き: 2,574文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)