[2021.10] 【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑥】 イラン(Hiran)
見出し画像

[2021.10] 【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑥】 イラン(Hiran)

e-magazine LATINA

 e-magazine LATINA によるブラジルのポピュラー音楽の中で頭角を現し始めた新しい才能を紹介するシリーズです。レポートは、ブラジル人音楽ジャーナリストのヂエゴ・ムニス。今回は、ブラジルの音楽的表象性を歌う2人の歌手を紹介します。

文●ヂエゴ・ムニス(Diego Muniz)

※こちらの記事は、11/3からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

画像2

マジュール(Majur|左)とイラン(Hiran|右)と満面の笑みのカエターノ・ヴェローゾ(中央)

 2015年以降、リニケル(Liniker)やパブロ・ヴィタール(Pabllo Vittar)などが登場したことで、LGBTI+(Lesbian, Gay, Bisexual, Transvestite, Transgender, Intersexなどの呼称)のアーティストたちが、ブラジル音楽シーンの中で認知度を高め始めています。

 その中でも特に活躍の場を広げているマジュール(Majur)イラン(Hiran)は、作曲や映像作品の面で多様性をもたらし、カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)やマリア・ベターニア(Maria Bethânia)、イヴェッチ・サンガロ(Ivete Sangalo)といった有名な音楽家のファンも獲得しています。

 ブラジルのポピュラー音楽史の壁を壊しながら、すでにその歴史に名を刻み始めている2人のアーティストを紹介します。

マジュール編はこちら↓

画像7

Hiran


 ブラジル中のステージで成功し、ブラジル音楽シーンの才能ある新人として認められ、新世代のアーティストにインスピレーションを与えるようになる以前に、このバイーア出身のラッパーは、いくつかの壁を乗り越えなければなりませんでした。バイーア州の内陸部に位置するアラゴイーニャス(Alagoinhas)で生まれたイラン・フェルナンデス・サントス(Hiran Fernandes Santos)は、幼い頃から、ラップ・ミュージックのビートやライムに親しんできました。

「私が最初にテレビでラッパーを見たのは、ジェイ・ズィー(Jay-Z) でした。9才の時でした。私は面白いと思って、すぐに同じようなことをしてみたいと思いました。それから、ブラジルの素晴らしいラッパーのエミヴィー・ビル(Mv Bill)を見ました。それらのピースを組み合わせて、ブラジルでもこんなことができるんだと思いました」と、ラップ・ミュージックとの出会いをイランは振り返ります。

この続きをみるには

この続き: 6,417文字 / 画像5枚
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)