[2018.12]ヤマンドゥ・コスタ ディスコグラフィー
見出し画像

[2018.12]ヤマンドゥ・コスタ ディスコグラフィー

文:中原 仁、花田勝暁

画像1

Lúcio Yanel & Yamandu Costa『Dois Tempos』(2001年、ACIT)

▪最初に影響を受けたギタリストで故郷の町に住んでいたアルゼンチン人、ルーシオ・ヤネルとのデュオ・アルバム。2人の自作からナザレーやハダメスの作品、フォルクローレまで幅広く、当初から汎ラテンアメリカな音楽性を備えていたことが聴き取れる。(仁)

画像2

『Yamandú』(2001年、Eldorado)

▪️初の単独リーダー作はリオ録音。ショーロから故郷の風土に根ざした自作まで、桁外れの技巧と歌ごころが同居し、ショーロの曲ではマウリシオ・カヒーリョの生真面目なアレンジの枠を蹴破るスケール感が痛快だ。バイーアのアルマンヂーニョとのデュオも。(仁)

画像3

『Ao Vivo』(2003年、Not On Label)

▪️チアゴ・エスピリト・サント (b)、エドゥ・ヒベイロ (ds)との超絶技巧トリオによる圧巻のライヴ。アコースティック・ヘビメタにも例えられる自由奔放な演奏の中、マヌーシュ・スウィング仕立てのソロで演奏したカエターノ作品「Sampa」がキラリ光る。(仁)

この続きをみるには

この続き: 4,223文字 / 画像21枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)