[2016.12]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #7 ジャンルも人も十人十色、 だが…
見出し画像

[2016.12]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #7 ジャンルも人も十人十色、 だが…

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU

 小松亮太さんの著書『タンゴの真実』が発売されたことを記念して、過去の月刊ラティーナに連載した記事を掲載致します。


 この世界に長く身を置いていると、向こうから歩いてくる業界関係者の「種別」を大まかに判別できてしまう。アロハや口髭(ジャズ)、地味な割に主張の強いボサボサ頭(クラシック・但し男性)、昭和っぽいパンチパーマ(演歌)等々だが、こうしたことは業界人のみならず愛好家にも強く表れるもので、矢沢永吉さんの公演会場に集結するリーゼントのおじさん達はいささか極端だとしても、とかくファンの外見的特徴や行動の傾向というものは、その音楽やアーティスト個人の持つ何かしらの特質を拡大したものと言っても差し支えないだろう。

 単に服装や顔つきについて言いたいのではない。そういった外見を形成するのは、その人の根っ子にある人間的性質なのだから、何故「その音楽」と「そういった人達」は互いを呼び寄せ合うのか、ちょっと考えてみたいのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,917文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)