見出し画像

[2020.01]ニコラス・エンリッチ(キンテート・グランデ バンドネオン奏者) インタビュー

文● 清川宏樹 text by HIROKI KIYOKAWA

 タンゴファンにとって年に1度の大きな楽しみである民音タンゴシリーズも、本年で51回目を迎える。毎年アルゼンチンを代表するアーティストが来日し、演奏、歌、そしてダンスからなる「総合芸術」としてのタンゴのステージを届けてくれるが、来日する演奏陣は、巨匠率いるオルケスタから、来日を重ねるお馴染みの楽団、そして若手率いる気鋭のグループまで毎年様々だ。本年の演奏陣であるキンテート・グランデは、まさにブエノスアイレスの今を時めく若手~中堅までのトップ奏者たちによる五重奏だが、そのコンセプトは革新性のみにあるわけではない。新たなタンゴを切り拓くとともに、かつて存在した楽団へのオマージュと再現にも真正面から取り組み、まさにタンゴの「温故知新」を目指すグループと言えよう。

 ディエゴ・スキッシをはじめとする新たな作曲家の登場や、CD『Los que vendrán』に参加した奏者をはじめとする確かな実力を持った若手バンドネオン奏者の台頭などにより、世界の音楽シーンの中でのアルゼンチン・タンゴを取り巻く状況は少しずつ、良い方向に向かいつつある。そのシーンのど真ん中にいる音楽家の一人が、キンテート・グランデのバンドネオン奏者、ニコラス・エンリッチだ。彼は2014年の民音タンゴでグレコス・タンゴ・オルケスタの一員として来日しているが、当時の公演のリーダーであるラウタロ・グレコと並び、彼は今やブエノスアイレスを代表する若手筆頭のバンドネオン奏者である。最近ではフアン・パブロ・ナバーロ六重奏団/七重奏団への参加も特筆すべき点で、まさにタンゴの「内と外」の世界をつなぐ稀有な存在となりつつある。そんな彼の来日を目前に控え、メールでのインタビューを行った。

この続きをみるには

この続き: 2,557文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。