見出し画像

[2017.08]【第7回 カンツォーネばかりがイタリアじゃない】Roma incontra il mondoヴィッラ・アーダの奇妙な夏祭り

文● 二宮大輔

ヴィッラアーダ小島

ヴィッラ・アーダの小島

「夏は夜」という枕草子の定説は万国共通なのかもしれない。ローマでも夏は夜が格別だ。昼間の日差しの暑さをほのかに残す石畳に、涼しい夜風が吹き抜ける。ジェラートやかき氷を食べながら、川沿いを散歩する。イベントも盛りだくさんで、例えば野外上映会。この時期、雨の少ないローマでは、野外にスクリーンを設置して特別プログラムを実施することが多い。そして同じような感覚で野外にステージを組んでライヴも行われている。夏休みに、何日間もかけて緩やかに続いていくローマの野外ライヴは、広大な土地を利用して開催される「夏フェス」とは性格を異にする、町の日常生活と地続きの音楽フェスティバルだ。

 そんな野外ライヴの一つに、1994年から続くRoma incontra il mondo(ローマ、世界と出会う)がある。ARCIという全国的な文化事業団体が主催するこのイベントでは、ローマ市の北東に位置するヴィッラ・アーダ公園の中にある人工池の小島に設置されたステージに、七月半ばから九月半ばまでの約二か月間、日替わりで国内外の様々なミュージシャンが出演するほか、ジャーナリストのトークショーや風刺劇も行われる。今年のメンツは国内インディー・ロックの代表格バウステッレ、エキゾチックなジャズ楽団サン・ラ・アーケストラ、イギリスの伝説的ポストパンク・バンドのワイヤーなどなど、まさに「世界と出会う」である。

サンラアーケストラ

サン・ラ・アーケストラ

 私も一度このイベントを観に行ったことがある。その時に出演していたのは往年のイタリアン・ポップスをスカ風にアレンジする人気歌手ジュリアーノ・パルマのバンド・セット。五百人規模の会場では、観客がビールやソーセージを手に持って音楽に耳を傾ける、ある種の夏祭りのような楽しい雰囲気が広がっていた。

ジュリアーノパルマ

ジュリアーノ・パルマ

 だが、その時に感じた楽しさだけでは説明し切れない不思議な魅力が、Roma incontra il mondoにはあって、それにはヴィッラ・アーダという場所の特殊性が深く関わっているように思う。

この続きをみるには

この続き: 1,807文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。