[2018.05]追悼:文学とポップの作曲家 ヨハン・ヨハンソン
見出し画像

[2018.05]追悼:文学とポップの作曲家 ヨハン・ヨハンソン

文●オラシオ text by HORACIO

 アイスランドが世界に誇る作曲家ヨハン・ヨハンソン(より正確にはヨーハン・ヨーハンッソン)が今年2月に48歳の若さで亡くなった。ドゥニ・ヴィルヌーヴの『ボーダーライン』『メッセージ』、ダーレン・アロノフスキーの『マザー!』、ゴールデン・グローブ賞を受賞したジェームズ・マーシュの『博士と彼女のセオリー』など話題の映画での音楽制作が相次ぎ、まさしく「時の人」となった矢先の急逝だった。

 ヨハンは映画音楽家、またはヨーロッパの作曲家としては異色の経歴で、ほぼ独学で作曲やオーケストレーションの技法を身に着けている。音楽のかわりに彼が大学時代アカデミックに学んでいたのは文学だった。映画音楽以外のいわゆるポスト・クラシカルなリーダー作の数々に見られるストーリー性豊かなコンセプトには、明らかに文学への深い愛と見識が横たわる。ちなみに「ポスト・クラシカル」という分類は本人が嫌がっていたそうなので本稿ではもう使わない。

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,900文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)