見出し画像

[2019.08]トニーニョ・オルタ自身が語るトニーニョの名曲

Aquelas Coisas Todas

Toninho Horta

 ルイス・アルベルト・サルトリ監督の、歴史的な街に生きる人物を主人公としたドキュメンタリー『Dona Olímpia de Ouro Preto』のために書いた曲です。1970年にオウロ・プレットの坂道などにインスピレーションを得て、「Dona  Olímpia」「Serenade」 「Igreja do Pilar」「Aquelas Coisas Todas」の4曲書きました。このインストゥルメンタル曲は、1970年代の終わりに、カリフォルニアのグルポ・ヴェラスやノーマン・コナーズ&スターシップ・オーケストラなどのグループがカバーしました。

この続きをみるには

この続き: 3,448文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)