見出し画像

[2019.09]空間現代

文●松山晋也 text by SHINYA MATSUYAMA 

まだ8月ではあるが、空間現代の新作『Palm』は、今年出た日本のポップ・ミュージック・アルバム中最大の問題作の一つになるのかもしれない。スタジオ録音のフル・アルバムとしては『空間現代』(09年)、『空間現代2』(12年)に続いて7年ぶりの3作目。CDではなLPとデジタルによるリリースだ。

 私は最初聴いた瞬間ツイッターに「トニー・コンラッドがモールス信号技師になったような……」とつぶやいてしまったのだが、ズレとグルーヴが合わせ鏡のようになった摩訶不思議な世界だ。彼らならではのいびつなミニマル・サウンドは明らかにこれまでとは違ったレベルへと深化している。

画像1

Photo by Katayama Tatsuki

 野口順哉(ギター/ヴォーカル)、古谷野慶輔(ベース)、山田英晶(ドラム)の3人によってバンドが東京で結成されたのは2006年。3年ほど前に拠点を京都に移し、ライヴ・スペース「外」(そと)を運営しながら活動を続けてきた。

この続きをみるには

この続き: 4,143文字 / 画像15枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)