見出し画像

[2021.03]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑧】「三文オペラ」が生まれたドイツ黄金の20年代 〜ベルトルト・ブレヒト、クルト・ヴァイルの傑作

文●加藤登紀子

 歴史の中で記憶されなければならない、ひとつの日付けがあります。それは1933年2月28日、ヒトラーがドイツ文化の息の根を止めた日。
 その日が来るまでの流れは、こうです。
 1933年1月30日ヒトラー内閣発足、2日後に議会が解散され、3月5日が総選挙と決められました。2月27日の深夜、何者かが国会に火をつけ炎上。首相ヒトラーと警察権力を握ったゲーリングが共産主義者の犯行と断定。28日、共産党員などを法的手続きなしで逮捕できる大統領令を、ヒンデンブルグ大統領に発令させ、ユダヤ人も含め、反ナチスと目される多くの人が、その日のうちにゲシュタポに逮捕された、という事件。
 こんなことが、一応ワイマール憲法の法に則って行なえたことも恐ろしいですが、その実施のスピードには、背筋の寒くなるような不気味さがあります。もちろんこのワイマール憲法もその後ヒトラーによって破棄されましたが……

 さて、今日の主人公、ベルトルト・ブレヒト(1989〜1956)は、その日ベルリン市内の病院で手術を受けて入院中でした。
 しかし、躊躇の暇はありません。ユダヤ人の妻ヴァイゲルと息子シュテファンと共に、プラハ行きの列車に乗り、さらにそこから、ウイーン、チューリッヒを経由して、デンマークへ亡命。
 同じ日、もう一人の主人公、クルト・ヴァイル(1900〜1950)はユダヤ系の出身。一刻の猶予もありません。彼はパリへ逃れました。3月2日が誕生日のヴァイルは、33歳の誕生日をおそらくその亡命地パリで迎えたことでしょう。
 この同じ日、どれだけの人が国外逃亡したでしょうか?

 第一次大戦後のドイツと言えば、惨憺たる敗戦の結果、貧困と混乱の中にあったのですが、1920年代からのドイツは、奇跡のような新しい文化の坩堝と化していたのです。
 「ウーファー」という映画会社が、世界に無声映画を送り出し、クラシックの伝統から躍り出た華やかな映画音楽やキャバレーソングの大旋風を巻き起こしていました。
 その音楽家の多くがユダヤ人だったことから、ヒトラーは、ユダヤ人音楽家の殲滅を目論んだ、というわけです。

 そんなドイツの黄金の20年代を代表する傑作として、今も世界で上演され続けている「三文オペラ」とは?
 岩波書店から出版されている文庫本の「三文オペラ」の中で、日本語訳の岩淵達治さんの描いている解説には、詳しすぎるほどの上演までの経緯が書いてあります。

この続きをみるには

この続き: 2,856文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年3月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)