見出し画像

[2019.02]大比良瑞希 音楽が広げる輪

文●土佐有明 text by ARIAKE TOSA

 フィッシュマンズ「いかれたBABY」のグルーヴィーなカヴァーも鮮烈だった大比良瑞希は、シティ・ポップやソウルやR&Bベースにした音楽性でファン層を広げてきた女性シンガーソングライターである。2018年には「Real Love」「アロエの花」「見えない糸 ~Never Be The Lonely One~」という3枚のシングルを、それぞれKai Takahasi、tofubeats、STUTSがリミックスし、それらはオリジナルの3曲を含む6曲入りEP『unify』としてリリースされた。インタビューを読めば、彼女が様々な人との出会いが発端となって音楽性を進化/深化させてきたことが分かるだろう。

—— 大比良さんの音楽的ルーツのひとつに歌謡曲があるそうですね。

大比良 はい。ジャニーズも好きだったし、両親が山下達郎さんとかユーミンを好きだったので私も自然と耳にしていて。歌謡曲ならではの普遍的なメロディの強さは自分の音楽の中にとりいれていきたいなといつも思っています。急に流行ってすぐ消えて行っちゃう音楽ってあるけど、メロディはどんなアレンジやミックスになっても、時代関係なく残っていくものだと思うので。あと、歌謡曲特有の湿度の高さはちょっと苦手だなって思う時もあるんですけど、それを例えばワールドミュージック的なアレンジで彩ると面白かったりするんです。自分の音楽のベースに歌謡曲はあるけど、アレンジは多彩にしてあまり表面には出てこないようになっていると思いますね。

—— 歌謡曲を進化させたいとおっしゃっていましたよね。

大比良 似たような曲が多いなと思って、やっぱり自分は新しいことやらないとと思うんです。でもそれだけじゃだめというか、音楽を聴いてドキドキしたり安心したり頑張ろうと思ったりみたいなことも感じ取ってもらいたい。それでいて、私でしか作れない音楽っていうものをやるのが理想ですね。

—— チェリストでプロデューサーの伊藤修平さんと二人三脚で音楽を作られていますが、知り合ったきっかけは?

大比良 当時やっていたバンドが解散した時に、私と伊藤さんの共通の先輩ミュージシャンの方が、私のエレキ・ギターの弾き語りと伊藤さんのチェロでライヴやったら面白いんじゃないの?ってアドバイスをくれて。やってみたら、伊藤さんのちょっとアヴァンギャルドな面と私の懐かしいメロディのハイブリッドで面白いことになって、お客さんの反応も良かったんです。そこから一緒にやってみようかってなって。伊藤さんはクラシックのアカデミックな要素も持っていたり、キューバのフェスにラテンのバンドで行っていたくらいなので、だいぶ私と違う音楽を知っていて。アレンジもっとこういう風にしたらいいんじゃない?っていう助言をくれて、一緒に色んなんミュージシャンの映像を見ながら、こういう方向性いいかもねって話しあって。キャット・パワーとかファイストとかシャルロット・ゲンズブールとかの映像を参考にしました。

この続きをみるには

この続き: 994文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年2月号
ラティーナ|2019年2月号
  • 33本
  • ¥950

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。