見出し画像

[2020.02]タリスク EDMトラッド!? スコティッシュ・トラッド・フォークの台風の目

文と写真●松山晋也 text & photos by SHINYA MATSUYAMA

 昨年暮れの《ケルティック・クリスマス2019》において、爆発的スピード感に貫かれたダンサブルなサウンドで聴衆のド胆を抜いたスコットランドのトラディショナル・フォーク・バンド、タリスク。2014年にグラスゴウで結成された後、『Abyss』(16年)と『ビヨンド』(18年)の2枚のアルバムと圧倒的パフォーマンス力によって英国フォーク・シーンの台風の目となってきた。メンバーはコンサーティーナのモーセン・アミニ、フィドルのヘイリー・キーナン、そしてギターのグレアム・アームストロング(『ビヨンド』から参加)。生音による土臭いアンサンブルをじっくり聴かせる一方で、打ち込みビートや種々のエフェクターを用いたクラブ・ミュージック的音作りで観客を煽るのが彼らならではの強みだが、とりわけモーセンの野獣のような熱狂的パフォーマンスはバンド躍進の駆動力となっている。

画像1

TALISK『Abyss』(2016年)

画像2

TALISK『ビヨンド』(2018年)

── ライヴでは、4つ打ちビートが強烈で驚きました。テクノやロックのニュアンスを意識的に取り入れているの?

モーセン そうだね。自分たちのサウンドに一番近いことを言葉で表現すれば「EDMトラッド」かな(笑)。僕らは普段からEDMやテクノをよく聴いているんだ。スクリレックスとか。

この続きをみるには

この続き: 1,680文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。