見出し画像

[2020.02]レダ・トーレス インタビュー 『11人のピアニストによる カルロス・ガルシア集』 貴重な音源を譜面・音源化

文●宇戸裕紀 text by HIRONORI UTO

 20世紀初頭からロベルト・フィルポの楽団に在籍して20世紀後半まで長きに渡って活躍し、晩年には映画『カフェ・デ・ロス・マエストロス』で印象的な姿を残したピアニストといえばカルロス・ガルシア。彼の編曲が譜面に起こされ、さらにディエゴ・スキッシやエルナン・ポセッティ、日本からは大長志野という現代タンゴ界の旗手たち11人のタンゴピアニストと1人のバイオリン奏者(ラミーロ・ガジョ)が録音に参加した貴重な音源が完成した。ピアニストのセレクション、譜面起こし、ピアノ演奏の一人三役を担ったレダ・トーレスに話をきいた。

── カルロス・ガルシアの音楽との出会いのきっかけは。

レダ・トーレス 10年以上前にマル・デル・プラタからブエノスアイレスにアルゼンチン音楽の勉強に出てきた際、課題の中でタンゴのアルバムを買って友人たちとシェアするというものがありました。その中に『カルロス・ガルシアVOL .2』があり、ピアノソロでタンゴ/フォルクローレ曲集を4作品残していると知りました。カルロス・ガルシアは特に演奏法が特有で圧倒されました。その時からルシオ・デマーレやタランティーノといったよりコンテンポラリーなピアニストのピアノソロも聴き続ける一方、特にカルロス・ガルシアのアレンジはシンプルさと耳への馴染みやすさ、センスのよいエレガンスさが携わっていて、今回の作品を作ることに至りました。

── 日本のタンゴファンに向けてアルゼンチンポピュラー音楽史におけるカルロス・ガルシアの音楽の意義を紹介してください。

レダ・トーレス カルロス・ガルシアは長きに渡って編曲に時間を割いてきたピアニストで、そのためかその名前は他のアーティストに比べると知られた存在ではありません。初期はロベルト・フィルポ楽団のピアニストであり、様々な楽団や歌手の編曲者であり、ラウル・ガレーロとともにブエノスアイレスタンゴ楽団の創設者でもありました。ピアニストにとってカルロス・ガルシアは学校のような存在です。タンゴのピアノはどう弾かれるべきかという問いの答えは彼の録音を聴けばすぐに見つかります。

画像1

CARLOS GARCIA

この続きをみるには

この続き: 2,251文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2020年2月号
ラティーナ|2020年2月号
  • 24本
  • ¥950

ラティーナ2020年2月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。