見出し画像

[2019.10]『ジョアン・ジルベルトを探して』 ジョルジュ・ガショ監督インタビュー

文●中原 仁

text by JIN NAKAHARA

 期せずしてジョアン・ジルベルト追悼上映となったドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』。公開前の8月前半、スイス国籍も持つフランス人監督、ジョルジュ・ガショが来日した。J─ WAVE主催の試写会で行なった公開インタビューと前後の会話を再構成し、ここにお届けする。本誌8月号に掲載された、圷滋夫さんによる映画の紹介記事と合わせてお読みください。

 映画の中では神経質な人柄にも見えるガショ監督だが、長年ブラジルに通いブラジル音楽の複数の映画を作ってきただけあって、カリオカ気質も備えたオープンマインドな人物だったことも付け加えておきたい。

メイン

── いつ、ジョアン・ジルベルトの音楽と出会い、どんな印象を受けましたか?

この続きをみるには

この続き: 2,035文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年10月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年10月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年10月号
ラティーナ|2019年10月号
  • 28本
  • ¥950

ラティーナ2019年10月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。