【追悼】[2019.11]濃密なサンバ時代を生きた95歳の長老 ネルソン・サルジェント インタビュー
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【追悼】[2019.11]濃密なサンバ時代を生きた95歳の長老 ネルソン・サルジェント インタビュー

文●佐藤由美 text by YUMI SATO

 ネルソン・サルジェント(Nelson Sargento|1924年7月25日 - 2021年5月27日)が5月27日に亡くなりました。新型コロナウィルス感染症のために、5月21日(金)より入院していました。96才でした。合掌。

画像1


 ルーツ・サンバの真髄を知る最後の証人、ネルソン・サルジェント。90、92、94年以来、四半世紀ぶりの来日と聞いて胸躍らぬはずがない。創設37年、長年マンゲイラとの交流を培い、〝ヨコハマンゲイラ〟を標榜するエスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂへ届いた提案から、この度の来日が実現したという。

 本国で生誕をライヴで祝い、つい先頃メガイベント「ロック・イン・リオ」のステージも務めた驚きの長老とはいえ95歳、車椅子の長旅。だが周囲の懸念を払いのけ、飄々とした味わいのままに意気軒昂。浅草サンバ・カーニバルでマンゲイラ名誉会長の威光を示し、サウーヂの御所車仕様山車に鎮座して熱い歓声を一身に浴びた。思わず手を合わせて拝む者あれば、感涙にむせぶ者あり。浅草サンバ史上初の重鎮サンビスタ参加の快挙となった。

 1週間後、横浜にぎわい座地下、のげシャーレで行われた9月7日夜、8日昼の2公演は、公表されるや即日完売。優れた構成、サウーヂによる愛情深い手作りサンバ空間の演出が、舞台と客席を極上の感興で包み込む。かつての我々は主役サンビスタを盛り立てたいあまり、よく「ブラジルの観衆ごと日本に連れて来たい」などと口にしたものだが、もはやそんな必要はない。出演陣、全スタッフ、観客のサンバ愛と成熟度がとにかく素晴らしい!

 グルーポ・カデンシアの演奏力と編曲の妙にほだされ、初日のネルソンは曲が進むごとに若返ってゆき、今にも立ち上がって踊り出しそう。つられて70歳の森本タケルも、50代の輝きと歌声を取り戻していた。ほぼコーラスと通訳に徹するMAKOの存在も有効だし、主役入場時の「マンゲイラ讃歌」、最終盤「プリマヴェーラ」「サンバは死なず」の客席の大合唱に至っては、記憶に残る名場面と断言しておく。当然2日目は、のっけからトークに歌声にエネルギーが漲っていた主役の姿に、サンバを共に歌う歓喜パワーをあらためて痛感した次第。まさしく至福の余韻だった。


 急遽9月2日、逗留先にネルソン翁を訪ね、本誌初のインタビューに臨んだ。普段の喋りも韻を踏みジョークを交え、話がすっ飛ぶものの、さすが放埓にして濃密なサンバ時代を生き抜いたお方。長老の末っ子ホナウドとその嫁御リーヴェアが、助け船を出してくれた。

 ネルソン軍曹は、マンゲイラ創立の4年前に遡る1924年7月25日生まれ。少年期までをサルゲイロで暮らし、マンゲイラの丘へ転居したのは12歳の頃。地域の特性に加え、母親の再婚相手、継父にあたるアルフレド・ロウレンソの影響が大きかったようだ。

「継父はアルフレド・ポルトゲスと呼ばれたポルトガル出身者で、ファドのポルトガルギター弾きだった。12歳から20歳までエスコーラに通い、かの時代のサンバを歌っていたもんだ。曲を作り始めたのは48年。マンゲイラ所属コンポーザーとして、継父に見守られながらサンバ・エンヘード(※パレード用サンバ)を作った。仲間のジャメラゥンとも曲を作ったな。(※代表作「プリマヴェーラ」は、継父とジャメラゥンとの共作で、55年発表)。ヴィオラゥンは、カルトーラとルイス・ヂアスに教わった。あくまで実践的な奏法で、50年代にでも戻らないと通用しないような弾き方だ。奏法はずいぶん発展してきたからね。

 これまでに何曲作ったかだって? 100曲を越えて以降、もう数えていない。たまに、この曲を作ったのを憶えてる? と言われ、あ、私の曲かと気づかされるくらいだよ。60年代だったか、『ホーザ・ヂ・オウロ』という演劇作品の仕事をした時から(※65年)、音楽業で収入を得るようになった。音楽家としても広く知られた。それまでの生業は、造形美術と工事現場での塗装。自営なので毎日働かずに済んだ。必要な時に仕事をし、仕事せずに暮らせる時はしなかったよ。1年のうち6ヵ月働き、残り6ヵ月は仕事せずに暮らすという男もいたが、私もなんとなくそんなふうに生きていた。貯金などせず、必要な時だけ働いた。

 マンゲイラには年長の、30~50年代の偉大なコンポーザーが集まっていた。私は自ら彼らに近づき、その輪に飛び込んだんだ。コミュニティの皆が、カルト―ラのことを(敬意をもって)〝セニョール〟とか〝セウ・カルトーラ〟と呼んでいた。私もいつか皆からそんなふうに呼ばれるため、サンバを作って行くぞと心に決めたんだ。まぁ子供っぽい夢というか、目標だな。だが、彼らには多くを教えてもらったが、私は少ししか学びきれなかったよ。

 一番親しかったのはカルトーラ、ジェラルド・ペレイラ、ルイス・ヂアス、継父アルフレドだ。ネルソン・カヴァキーニョはボヘミアンで、家を出たら翌年まで帰って来ないような人物だったね。軍警官の彼は、親父も軍曹だった。ネルソンは騎馬巡回しながらマンゲイラに来て、その辺に馬を繋いだままサンバを歌いにモーホへ消えてしまう。だから彼が馬のことを思い出した頃には、もう馬は勝手に逃げ帰って元の場所にはいない始末。そうやって行く先々で馬を失くしてくるんで、ついに兵営の職を失ったわけさ。偉大なジェラルド・ペレイラは、よく継父の家に集う仲間だった。サンバのホーダ(輪)に加わって知り合えた。

 50~60年代には、そりゃ多少の偏見はあったが、サンバはずっと彼らによって歌い継がれてきたもんだ。「サンバは(苦しめど)死なず」は、プロテストソングのつもりで作ったんだよ。当時(※78年作)社会がサンバを侵略し始め、サンビスタたちは苦悩し一部が離れて行った歴史がある。(※末息子の嫁リーヴェアの補足によると、リオ南部の中産階級が良質で安価な娯楽を求めてエスコーラの練習場に押し寄せ、カーニバルをも変容させてしまった侵略を指す)私のサンバによる警告が、果たして機能したか否かは解らない。」

 ネルソン翁は目下、サンバ歌詞に関する書籍を鋭意執筆中という。何たるエネルギー!

「すべてのサンバに素晴らしいフレーズが隠されている。人はメロディーに気を取られ、サンバがもつメッセージに注意を払えていない。その重要性を強調するための本だ。最近パラナー大学で講義を頼まれたが、どうやってサンバを作るのかと尋ねられた。サンバなんて学校で習うもんじゃないが、例えば〝barracão caindo〟(あばら家が倒れかけている)という二語から、まずストーリーを描くための言葉を選んで行く。ワードを起点に着手するのが、ネルソン流なんだ。こういうことが得意な若い世代を含む仲間が、周りにいるんだよ。

 よもや日本へ戻って来られるとは夢にも思わなかったが、サウーヂに招かれてこうしてやって来るとは、なんたる進歩! これからも生きている限り、毎年カーニバルに来る。」

(月刊ラティーナ 2019年11月号掲載)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)