見出し画像

[2017.01]【連載】聞こえない叫び声-デモを通して見るブラジルの現状- #8 学生による学生のための学生運動

文と写真●鶴田成美 text & photo by NARUMI TSURUTA

 ブラジルで行われた数多くある抗議デモの中で世界的にも有名なのが反W杯と反五輪の二つではないだろうか。この二つのデモは「イベント行う公費があるなら医療や教育へ回すべきだ」という意見が共通点として挙げられる。

画像1

 医療・教育は長年ブラジルで問題視されており、特に教育に関しては幾度となくデモが行われている。ブラジルの学校は基礎教育1~9年生(6~9年生は日本の中学校に当たる 以下、小中学校)、中等教育1~3年生(以下、高校)、高等教育(以下、大学)は入試に合格すれば進学でき、大学・修士課程・博士課程は学科により2年制から6年制のいずれかとなっている。午前・午後・夜間の三部制で、その中から選択する仕組みだ。一つの学校に小学校から高校が備えてあるのが一般的で、幼稚園が入っているのも珍しくはない。公立だと幼稚園から大学まで無償で教育を受けることができるが、高校までの教育水準は非常に低く大学になると教育水準が高くなる。私立ではその構図が逆となるため、有料の私立で学んだ子は無料の公立大学へ、無料の公立で学んだ子は有料の私立大学へ入学する傾向にある。すなわち所得により受ける教育レベルに大きく差が出るということだ。

 公立学校は殆どの場合整備の行き届いていない教室に50人以上の生徒が所狭しと押し込められた状態で、椅子と机一体型の勉強机の多くは壊れており、教科書は普及されない。文具に規定はなく、各科目ごとにノートを準備し、様々な筆記道具を持つ子もいれば、持ち物は大学ノート一冊とボールペン一本だけの子もいる。家庭内教育がされていない子も多く、クラスをまとめるのは一苦労だ。あまり注意し過ぎて生徒の反感を買うと子供たちによる何らかの被害を受ける場合もあり、低賃金の教師たちは「割に合わない」と指導をおろそかにする傾向がある。そのような状態でまともな授業ができるはずもなく、カリキュラムの半分しか終わらせていないにも関わらず進級するケースがある。ブラジルでは小中学校から留年制度が設けられており、「落ち着きがない・言う事を聞かない・言葉が不自由」などが理由で幼稚園ですら留年する事があるが、公立校では単位が全く足りなくとも進学させてしまう教員もいるため〝基礎教育を終らせた半非識字者〟も珍しくない。既に強盗や麻薬などに手を染めている児童もいるため、子供が学校で何を学ぶのかは家庭内教育に大きく左右される。そのような環境を避けるため多少の無理をしても私立に入学させる家庭も多い。小中高校と公立で学んだ者にとって、レベルの高い大学へ入学するのは一筋縄ではいかないが、公立出身で早稲田大学や慶応大学に匹敵するレベルの大学へ入学する子も少なからず存在する。

この続きをみるには

この続き: 1,509文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。