見出し画像

[2018.05]日本とアルゼンチン、世界をタンゴで結んでくれた、鍛治敬三さん逝く!

文●本田 健治 texto por Kenji Honda

 日本とアルゼンチン・タンゴ界の間を半世紀以上にわたって、コーディネーターとして強力に繋いできた鍛治敬三さんが3月16日夜、近年滞在していた東京・三ノ輪で亡くなった。

 弊社の前身である「中南米音楽」時代から、モーレス、ピアソラ、プグリエーセといったタンゴ界のほとんどの大マエストロたちや、フォルクローレ界の偉人たちの日本招聘に、アルゼンチンに住みながら、もっとも活躍してくれた、まさに偉大なコーディネーターだった。国と国の文化交流に、アーティストたちの活躍や交流は語られるが、裏方が登場することはあまりない。鍛治さんはまさに偉大なる裏方人生を歩まれてきた方だ。しかも、早川晋平オルケスタ・ティピカ東京、藤沢嵐子、坂本政一楽団等の世界公演をコーディネートし、その強烈な個性で世界中を闊歩してきた。もっとも、鍛治さんの足跡をたどる場合、タンゴ、フォルクローレに限定するのは正しくはない。ロサンゼルス、ニューヨーク、メキシコなどいろいろなところに住んで、音楽以外にも大使館の場所の取得、果てはモデルの手配まで数え切れない種類のコーディネートをしてきた。

この続きをみるには

この続き: 3,404文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2018年5月号
ラティーナ|2018年5月号
  • 37本
  • ¥950

ラティーナ2018年5月号のアーカイブです。