[2018.11]特集 人生と音楽 〜青春〜 渡辺 亨
見出し画像

[2018.11]特集 人生と音楽 〜青春〜 渡辺 亨

渡辺 亨●音楽評論家 著書に『音楽の架け橋』『プリファブ・スプラウトの音楽』。NHN- FM『世界の快適音楽セレクション』の選曲担当、出演。


 振り返るたびに胸が疼く人生の季節。それが、青春だと思う。

 ただし、「人生と音楽」というテーマに沿って言うと、どんなジャンルの音楽においても、自分の青春とは直接結び付いていないのに、聴くたびに胸が疼く音楽がある。このアルバムに出会ったとき、僕はすでに20代の後半だったけれど、たとえ40代のときに初めて聴いたとしても、ここには「青春」が封じ込まれている、と感じただろう。ガル・コスタとカエターノ・ヴェローゾの『ドミンゴ』は、僕にとってそんなアルバムだ。

この続きをみるには

この続き: 993文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)