[2017.02]【連載 TÚ SOLO TÚ #202】息子ブレント・フィッシャーが指揮、最新作がリリース クレア・フィッシャーのプレイが復活!
見出し画像

[2017.02]【連載 TÚ SOLO TÚ #202】息子ブレント・フィッシャーが指揮、最新作がリリース クレア・フィッシャーのプレイが復活!

文●岡本郁生

 クレア・フィッシャーといえば、ラテン・ファンの口からはすぐに「モーニング」という曲名が飛び出してくるだろう。長らく西海岸を拠点に活動し、カル・ジェイダーとのコラボでも知られている名ピアニストにしてアレンジャーだ。とはいえ、だいたいはそのへんまでの認識で止まってしまうのではないだろうか? 実は2012年に83歳で亡くなっているのだが、彼が“参加”したニュー・アルバムがリリースされていることをご存知だろうか?

画像1

残念ながら2012年に亡くなったクレア・フィッシャー

 昨年11月に発表された『インテンソ!』というのがそのアルバム。クレア・フィッシャー・ラテン・ジャズ・ビッグ・バンド名義の作品で、音楽監督をつとめるブレント・フィッシャーはクレアの息子である。

 収録された10曲中6曲がクレアのオリジナル曲で、アレンジは、クレアとブレントが担当、そしてなんと、6曲でクレアのプレイが登場しているのである。詳しい手法はわからないが、おそらく、彼が生前に残したプレイにビッグ・バンドが演奏をあとからつけた、ということなのだろう。中でも、「オ・カント」では、演奏だけでなく、ジョージ・ベンソン風に、キーボードのソロに乗せてご機嫌なアドリブのスキャットも披露しているのだ。

 オープニング曲は、ディジー・ガレスピーの「アルゴ・ブエノ」(別名「ウッディン・ユー」)。クレアはガレスピーのアルバム『ア・ポートレイト・オブ・デューク・エリントン』(1960年)のアレンジを手がけたほか、65年にはガレスピーの代表曲から取った『マンテカ!』というアルバムもリリースしている(ここに「モーニング」が収録)ほど、親密な関係だった。アフロ・キューバンをベースにしたラテン・ジャズ・チューンで、グルーヴィーなリズム、各々のソロももちろん素晴らしいが、何といっても、15パートのホーン・セクションを使いこなしたという変幻自在なアレンジが、彼の面目躍如というところだろう。

 なにしろ、ハービー・ハンコックが「ハーモニーのコンセプトにおいてもっとも影響を受けたのがクレア・フィッシャー」といっているぐらいなのだ。「彼がいなければ、私はいなかった」とまでいい切っているのである。

この続きをみるには

この続き: 2,199文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)