見出し画像

[2020.05]「月刊ラティーナ」と 歩んだ26年間...

文●宮沢和史 texto por Kazufumi Miwazawa

 こちらの知識欲を刺激する文章に出会うと心が高鳴り、滋養のある食事を楽しんでいるような、全身に慈雨を浴びているような気分になるものだ。しかし、単に正確な情報を得ていたいだけというわけではない。それだったら時刻表か電話帳を読んでいればいい。そこに書かれている一行一行、一言一言の事項を学び、吸収する喜びと同時に、いや、それ以上に、その一行一行、一言一言と出会った直後に自分自身が何かに〝気づく〟ことが連続することで生まれる爽快感、到達感、満足感、を得る喜びこそが文章を読む最大の目的である。一方的に情報を伝達されるだけではなく、読む側が警戒心を解き、その文章を全身で受け入れ、受け身から徐々に能動的になり、いずれ自身の力で覚醒し、書かれていること以上に掘り込んでいく、そうさせてくれるのが優れた文章ということになるのだと思う。近頃、文章を片手、もしくは人差し指でスクロールしながら読むことが増えたが、というか日常ではほぼそのスタイルになったわけだが、たいてい、途中にいくつも載せてある広告を読ませるために構成されていて、あわよくば間違えてそこにタッチさせてしまうように仕組んであるから、文章がダラダラと長いし、行間がガランとしていて、なかなか進まず、こちらの知識欲が満たされるだいぶ前に萎えてしまい、閉じてしまうことも多い…… 現代のネット社会には大変窮屈さを感じる。そもそも文章なんて白い紙に黒いインクで象形から派生した記号が並べてある以上でも以下でもない。だがそこには、読み手が想像力を何十倍にも膨らませていく魔法がかけられている……。

画像5

この続きをみるには

この続き: 3,162文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
10
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2020年5月号
ラティーナ|2020年5月号
  • 15本
  • ¥950

ラティーナ2020年5月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。