見出し画像

特集:ぼくらの音楽 Lamp 〜アート作品としてのトータル性を備えた濃密なポップスを淡々と積み上げる〜

文●高橋健太郎 text by KENTARO TAKAHASHII

Lampアー写a

左から、染谷大陽、永井祐介、榊原香保里

 染谷大陽、永井祐介、榊原香保里の三人で2000年に結成。アルバムを一枚、一枚重ねていく中で、日本語のポップ・ミュージックの可能性を静かに拡張してきたのがLampだ。5月に発表される『彼女の時計』は前作から4年振り。初めて自身のレーベルからリリースする、通算7作目のアルバムになる。

 ライヴよりもレコーディングを活動の軸とし、ポップなソング・クラフトを追求するLampのようなアーティストにとって、現代は生きにくい時代にも思われる。だが、欲の無さそうな、淡々とした活動を続けるうちに、彼らは彼ら自身の音楽によって祝福され、他にはないポジションを獲得した。バンドの在り方としては、一つの理想を見るかのようだ。

「(昨今の状況に)到達感みたいなものは特に意識したことないんですよ。とにかく良いものを作って残せば、一日一日、このバンドいいなと思う人が増えて、何とか成り立つんじゃないかと思って、やってきた。淡々とやらないと持たないし、好きなことしかやらない、それで続いてきたところがある」(染谷)

この続きをみるには

この続き: 3,151文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。