見出し画像

[2020.11]手塚るみ子【特集 私の好きなアジア映画】

選・文●手塚るみ子

アジア映画に対して思うところ

 アメリカやヨーロッパには描けない、アジア独自の文化や風俗、宗教観や美徳から生まれる作品がある。残酷さを表す所作ひとつとっても違うだろう。ものの哀れが描ける。そして妖精ではなく妖怪を導き出せる空想力が独特のリアルとファンタジーのマッシュアップを創るのではないかと思う。
是枝監督の『万引き家族』がカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞し、ポンジュノ監督の『パラサイト~半地下の家族』がアカデミー賞はじめ各国の映画祭で数々受賞する昨今、アジアならではの感性と美学が世界中の映画ファンを魅了する勢いを感じている。

この続きをみるには

この続き: 1,545文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年11月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)