見出し画像

[2019.02]大沢建太郎(北園みなみ)「自分には抗えない」

文●松永良平 text by RYOHEI MATUNGA

—— この1年ほどで佐藤望、黒澤鷹輔とのトリオでOrangeadeというバンドを結成し、人前に出たライヴもあって。さらにミニ・アルバム『Broccoli is Here』リリースのタイミングで「北園みなみ」から「大沢建太郎」にアーティストとしての名義を変えて。自分でも新しいピリオドに入ってきた感覚がありますか?

大沢 北園みなみを名乗っていた頃は、そもそもライヴをするつもりがなかったものですから。やっぱり創作に対する物の考え方は、今に至ってだんだん変化してきたなとは思うんです。かつては、過去に倣うというか忠実であることが美徳だと思ってやってきたんです。もっと自分の音楽的嗜好を前面に出して、「過去にこういう音楽は聴いたことがある」ということを再現する楽しさが原動力になっていました。最近はもっと漠然としたテーマをなんとなく思い浮かべるままに曲作りを進めていって、そこから言葉が湧いてきて、素材が集まってきたらそこから広げていくという、ちょっと骨の折れる作業に変わってきました。それが今はおもしろいものですから、実験的にやっています。

—— とはいえ、『Brocolli Is Here』を聴くと、大沢さんの曲はすぐにわかりますね。北園みなみ時代から連綿とあるセンスが濃厚です。

大沢 確かに、風景が変わっていく感じというのは一貫しているかもしれないですね。それを生み出すに至るまでの文脈というか、方法が変わってきました。もっと自分の中で必然的な理由があって、それを作るようになってきたというか。

—— そこの必然性の起因は、あくまで自分自身ですか? それともOrangeadeというバンドの中にも見いだせるものですか?

大沢 今回のCDでは僕の曲は自分で歌っているんですが、多少は黒澤が歌うというか、彼がプロモーションビデオに出ているということを想定したりはしましたね。曲を書きながら絵コンテも描いていくんです。作詞作曲編曲と絵コンテ(笑)。この曲のMVには黒澤に出てもらえたらいいなという映像的なイメージがもともとにはありました。今後もそういうパターンはあると思います。

この続きをみるには

この続き: 1,187文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンにはラティーナ2019年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

または、記事単体で購入する

[2019.02]大沢建太郎(北園みなみ)「自分には抗えない」

e-magazine LATINA

200円

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
5
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年2月号
ラティーナ|2019年2月号
  • 33本
  • ¥950

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。