[2020.04]発見された スピネッタ晩年のスタジオ録音 『YA NO MIRES ATRÁS』
見出し画像

[2020.04]発見された スピネッタ晩年のスタジオ録音 『YA NO MIRES ATRÁS』

文●フアンホ・カルモナ text by Juanjo Carmona

1月23日、アルゼンチンの音楽家の70歳の誕生日に7曲を込めたこのアルバムがリリースされた。

 アーティストの没後に発表されるアルバムは疑問符を投げかけられがちである。こういった音楽業界の商業的な慣習にはサプライズは少ないが、このアルバムに関しては商業性というものを超越し、個人のUSBドライブに残されたトラックが発見されたという以上の意味を持っている。『パラ・ロス・アルボレス(2003年)』、『パン(2005年)』、『ウン・マニャーナ(2008年)』を通して描いてきていた音楽的延長線上にある。

 ラテンアメリカ音楽で中心的な位置に立ち、アルゼンチンロックの父として君臨してきた「エル・フラコ」ことスピネッタは62歳で肺癌で突如世を去った後も成長を続け、新たな聴き手を掴んでいる。アルメンドラ、ペスカド・ラビオソ、インビシブレ、スピネッタ・ハーデ、ロス・ソシオス・デル・デシエルトといったグループを編み出してきた。流行や音楽業界の需要とは一線を画し、スピネッタは音楽家の中で最も敬愛される存在であることから、彼の誕生日である1月23日はアルゼンチン全体で「音楽家の日」として祝されることとなった。

 スピネッタの影響力はとどまるところを知らない。このアルバムをリリースする5日前には米国のラッパー、エミネムが「アマメ・ペテリビ(1973年ペスカド・ラビオソ)」をサンプリングすると発表。以前にはヒップホップグループのア・トライブ・コールド・クエストが「ルイド・デ・マヒア(1976年インビシブレ)」に、フライング・ロータスは2012年に「ア・エストス・オンブレス・トゥリステス(1969年アルメンドラ)」を自曲「ゴーン・フィッシュング」のコーラスの中に用いた。

この続きをみるには

この続き: 2,116文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)